業務委託で活躍できるスキルとは

業務委託として独り立ちして働いていきたい場合、需要と供給の関係をよく把握し、企業が求めるスキルを持つ人材になる必要があります。使われなくなったスキルを持っていても、企業は必要としません。また誰もが持っているようなスキルを持ってフリーランスになっても、わざわざ高額な報酬を支払って委託契約を結んだり、仲介業者に手数料を払う会社は少ないでしょう。

自社内に専門的なスキルを持つ人間がいないからこそ、外部にそういった人材を求めているということを認識します。そうすると自分の商品価値を高めるにはどうしたら良いか、判断しやすいです。そういった観点で見てみると、業務委託の案件で募集が多いのはネットワークエンジニアなどIT系の仕事になります。特に社内ネットワークのようなインフラは一度構築してしまえば何年も使うことが多く、メンテナンスはもちろんしますが、常に開発や設定があるものでもありません。新たにシステムを構築したい時に適切な人材を用意しておけば、常勤の部署として設けておかなくても対応ができます。社内ネットワークやインフラを、業務委託の専門的スキルを持った人間に任せて構築していけば、一時的に高い報酬は発生しますが、常勤を雇用するより人件費が安く済むケースも有ります。

またウェブサイトを制作するときもデザインを外部の人間に委託したり、CMSだけ委託して制作してもらい、更新や運用は社内の人間で賄うといったこともよくあります。ですのでウェブサイト制作ができる人間も、企業が外部に求めるスキルの一つと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です