業務委託の人間はどれくらい働いているのか

業務委託として働く人は実際にどの程度の忙しさなのか、気になっている人もいるでしょう。基本的にフリーランスの人間はこれといった仕事量は決まっていませんし、自分でコントロールができるのが最大のメリットです。稼ぎたい金額がどの程度であるのか、その人間が自分が受けた仕事をどの程度でこなせるのかで全く違ってくるものです。

特に参加する意味のなかった会議に参加しなくて良かったり、通勤時間がない分会社員より労働時間は減るかもしれません。一方で営業をこなしたり経理なども自分で処理しなければいけない場合は、雑務で時間をとられることも多いでしょう。手数料などをもらって仕事をしている以上は、クライアントが満足するものを基本的には納品しなければいけないので、先方からの要望があるかぎり仕事の忙しさは無限にも広がる可能性があるとも言えます。逆に報酬が非常に少ない金額で満足でき、特に営業の必要もない、スキルも持っているしアルバイトに任せられる部分は任せてしまうので、週のうち2日しか働かない。そういったケースもあります。

まさに業務委託の忙しさは千差万別となっているのです。ある意味で起きている間はずっと仕事の時間とも言え、会社員と違ってメリハリの付かない生活にもなりがちです。オンとオフが上手く切り替えできない人間の場合は、仕事に集中して従事できずに効率が悪くなったりリラックスできずに効率が悪くなる人もいます。ただどのような人にも共通しやすいのは、自分にあったスタイルの働き方を見つけるまでは大変忙しということでしょう。業務委託というスタイルで今後の生計を立てていきたいと考えている方は、まず最初に業務委託という働き方をしっかり知ることが大切でしょう。その上で高額収入に繋がる業務委託の方法やトラブル事例などを学んでいくことをおすすめします。

業務委託で活躍できるスキルとは

業務委託として独り立ちして働いていきたい場合、需要と供給の関係をよく把握し、企業が求めるスキルを持つ人材になる必要があります。使われなくなったスキルを持っていても、企業は必要としません。また誰もが持っているようなスキルを持ってフリーランスになっても、わざわざ高額な報酬を支払って委託契約を結んだり、仲介業者に手数料を払う会社は少ないでしょう。

自社内に専門的なスキルを持つ人間がいないからこそ、外部にそういった人材を求めているということを認識します。そうすると自分の商品価値を高めるにはどうしたら良いか、判断しやすいです。そういった観点で見てみると、業務委託の案件で募集が多いのはネットワークエンジニアなどIT系の仕事になります。特に社内ネットワークのようなインフラは一度構築してしまえば何年も使うことが多く、メンテナンスはもちろんしますが、常に開発や設定があるものでもありません。新たにシステムを構築したい時に適切な人材を用意しておけば、常勤の部署として設けておかなくても対応ができます。社内ネットワークやインフラを、業務委託の専門的スキルを持った人間に任せて構築していけば、一時的に高い報酬は発生しますが、常勤を雇用するより人件費が安く済むケースも有ります。

またウェブサイトを制作するときもデザインを外部の人間に委託したり、CMSだけ委託して制作してもらい、更新や運用は社内の人間で賄うといったこともよくあります。ですのでウェブサイト制作ができる人間も、企業が外部に求めるスキルの一つと言えるでしょう。

業務委託は手数料に注意が必要

コンピューターの登場、インターネットの広がりによって社会の在り方が大きく変わりつつあります。そんな中で働き方に関しても変化を迎えていて、これまでのように会社勤めで定年を迎えるのではなく自分の力を信じて独立することも多くなっているのです。

いわゆる個人事業主やフリーランスといったもので、自分の才覚や技能を提供することによって仕事を得るのですが、その時に業務委託を受けることもあります。しかし会社勤めが長い場合、ちょっとした勘違いをすることもあって、会社というものを通さず個人で仕事を受ける時には手数料が発生することがあるのです。これは契約の段階で分かっていることですが、今まで会社員として働いていた場合、自分自身で確認することが少ないので見逃してしまうことが考えられるのです。契約内容を確認することは必要なことですが、これまでのキャリアが確かであると仕事の受注も多く、そういった些細な面でミスをしてしまうことも考えられます。

ただ手数料というのは常に一定ではないので、報酬がかなり減ってしまう可能性も高くなっているので、契約内容の確認は信頼できるクライアントであっても必ず行うようにすることが大切です。フリーランスは自分自身がすべての責任を負うことになり、仕事の受注から提供までしっかりと確認することが求められます。特に業務委託は将来的に仕事の広がりが考えられるので確認してから受けることが大事なのです。